ダイエットや禁煙ができない人の考え方

2013年6月12日

こんにちは。

実は僕は6年前までタバコを吸っていたのです。

しかもかなりのヘビースモーカーでした。

30分に1本は吸っていました。

何をするにもタバコがないと生活ができなかったのです。

何度も辞めようとおもいました。

しかし何度禁煙をしても辞めれないのです。

朝起きるとタバコ、トイレを出るとタバコ、駅まで向かう間歩きタバコ、到着駅に着くとタバコ・・・ 完全にタバコに殺されそうでした。

身体の調子も悪い方向に向かう一方でした。

わかっていながら辞められない。

でも辞めたい。

 

それでも現在は禁煙に成功して、全く吸いたいと思わないんです。

更にタバコの匂いが嫌いでならないんです。

歩きタバコする人にイラつくまでになりました。

なぜタバコを辞めれたのでしょう。

タバコを辞めれる人は、辞めたいのに辞めれない人です。

タバコを辞めたくない人は関係ないので、これより先は読まなくてもいいと思います。

僕の場合何度も禁煙しても頭からタバコが離れない。

こんな苦しい思いをするのであれば、タバコを吸っていた方が楽。

そう思って禁煙できない日々でした。

これを感じた人は少なくないと思います。

少しだけ視点を変えてみましょう。

タバコを吸うデメリットって何ですか?

臭い ガンの実験台にされている。

税金をやたら払わされている。

しかも今は肩身が狭い思いをされている方が多いですよね。

任意の保険料も高い。

あらゆる健康を害す。

しかも中毒症状が強くイラつく。

辞めれない理由 苦しみが伴う。

取り上げられた感が強いので、吸ってる人がうらやましく見える。

現在の僕。 全く吸いたくありません。

むしろ迷惑とさえ思っています。

辞めたその日が一番つらく、その先はどんどんタバコが頭から離れていきます。

このまま一生1時間に1回タバコが頭をよぎる生活をしたいですか?

僕はそれが嫌だったので、23歳で辞めました。

それからは人生が楽になりました。

体調も良くなり、今まで払っていた高い税金分海外旅行にも行けてます。

イラつく事もなくなりました。

更に喫煙者の友人より、吸っていない人と仲良くなる事が多くなったのです。 人間関係も広がりました。 メリットだらけです。


ページトップ