医療の矛盾点

2013年6月12日

あくまでこれは僕の主観なのですが、医療とはありがたいもの。

その反面、真実を少しねじ曲げてまで儲けなくてはいけない理由があるように思えます。

例えば、タバコ。 直接に関係ないように思えるのですが、実は大きくタバコは医療に貢献しています。

あの中毒症が強い物を合法化することにより、呼吸器系の病気を主として様々な病気の根源になっていると思います。

僕が思うに、非合法にしてもいいと思うんです。

中毒症の人が増えることにより、タバコ税、医療に対しての税金、タバコの収益も国、製薬会社に流れて行きます。

タバコを合法にしていることは、僕には不思議でなりません。

これは別に喫煙者を馬鹿にしたり、見下した発言ではないのでご理解をお願いします。

喫煙者の人は、犠牲者であってむしろ救われてほしいとさえ思います。

まだまだ医療に興味を持ち出して間もない小さな存在ですが、 真実を伝えていくスタイルでいこうと思います。


ページトップ